鉄分が不足すると抜け毛や髪のパサつきにもつながる?

年齢を重ねると髪の毛のツヤやコシが失われるとともに、抜け毛が増えやすくなりますが、最近は髪の毛のツヤやコシがなくなって髪のパサつきが気になりだしたという若い女性も増えています。

これは、抜け毛が増えたり、髪の毛のツヤやコシがなくなるのは加齢だけでなく、生活習慣の乱れが原因になるためですが、現代では特に鉄分不足によって生じているケースも数多く見られます。

髪の毛は毛根の毛母細胞という細胞の細胞分裂によって成長していきます。この髪の毛の成長に関わる細胞分裂が正常に行われるためは、頭皮の毛細血管の血流に乗って運ばれてくる酸素や栄養が毛母細胞に正常に届けられる必要があります。

血液成分の中でも赤血球は、細胞に酸素を運搬する重要な役割をしていますが、鉄は赤血球の主成分であるヘモグロビンの構成成分になっています。

ヘモグロビンは酸素に結びついて細胞に運搬する赤血球の核ともいえる部分なので、体内の鉄分が不足してヘモグロビンがスムーズにつくられにくくなると、酸素が毛母細胞に運ばれにくくなります。この結果、毛母細胞の細胞分裂が阻害されて抜け毛が増えたり、髪の毛のツヤやコシが失われてしまうといったことが起こってしまうわけです。

鉄が多く含まれている食品として真っ先に思い浮かぶのはレバーですが、ワカメ・昆布などの海藻類やしじみ・あさり・牡蠣などの貝類にも豊富に含まれています。海藻や貝類には、鉄分の他にも亜鉛が豊富に含まれており、亜鉛は細胞分裂を助けてツヤのある髪の毛をつくるサポートをしてくれる重要なミネラルなので、海藻類や貝類を毎日の食事で積極的に食べましょう。

ただし、毛母細胞の細胞分裂をスムーズにしてツヤのある髪の毛をつくるには、ビタミンCを初めとしたビタミンが豊富な緑黄色野菜や果物を食べることも大切です。また、髪の毛をつくる材料となるアミノ酸を豊富に含むコラーゲンを含む食品は、髪の毛の健全な成長に貢献してくれます。

コラーゲンは鳥の手羽先や牛すじ、豚足、フカヒレなどに多く含まれていますが、最近はコラーゲンのサプリメントもあるのでこうした製品でコラーゲンを摂取するのもお勧めです。

▲ページトップに戻る