鉄分の過剰摂取による副作用について解説

女性の場合、月経により血液が失われていくので、鉄欠乏性貧血を起こしやすいといわれています。鉄欠乏性貧血が進んでくると、階段を上がるときに動悸や息切れがしたり、疲れやすくなるなどの自覚症状が起きてきます。

貧血の症状があっても、我慢している方も多いのですが、酸素を体に十分に供給するために、心臓から多くの血液を循環させる必要があるため、心臓に大きな負担をかけている状態ですので、早めに治療を開始することが望まれます。

医療機関で鉄欠乏性貧血の治療を受ける際には、鉄剤での治療が中心となります。血液検査で貧血の状態が改善されるまで治療を続ける必要があります。

貧血治療が終了した後は、ふだんの食事に気を配ることをおすすめします。鉄には主に動物性の食品に含まれている「ヘム鉄」と植物性の食品に含まれている「非ヘム鉄」があり、それぞれ体への吸収率が違うことが分かっています。ヘム鉄の方が非ヘム鉄よりも効率よく体内に吸収されますので、貧血の改善のためには鉄が効率よく吸収される動物性の食品が有効であるといえるでしょう。自然の食品から摂取している分には、鉄のとり過ぎについては、ほとんど心配ないとされています。

貧血になりやすい場合には、予防のためにサプリメントで鉄を補うのも効果的です。その一方で、サプリメントで摂取する場合には、下痢や胃腸の調子を崩したりすることがありますので、上限摂取量以内におさめて、とり過ぎに注意することが必要です。

上限摂取量を超えて摂取すると、吐き気など胃腸の不具合や下痢・便秘ばかりでなく、肝臓にも負担がかかることが指摘されています。

過剰に摂取した鉄は、肝臓に蓄積され、こうした状態が長く続くと肝臓の機能を損なう恐れがあるためです。肝臓は少々の不調でも自覚症状が出にくい臓器といわれていますので、サプリメントを摂取していて、胃腸の具合が悪くなったり、下痢が起きた場合には、上限摂取量をチェックして、とり過ぎに注意する必要があります。

▲ページトップに戻る