冷え性・肩こりは鉄分不足が原因となって起こっている場合もある?

鉄分不足と冷え性と肩こりはあまり因果関係がなさそうに思えますが、実は関係があるのです。鉄分が不足すると赤血球内のヘモグロビンがあまり作られなくなり、ヘモグロビンの数が減少してしまいます。

ヘモグロビンが減少するということは身体中に酸素を運ぶ能力が落ちてしまい、身体は酸欠状態となるのです。この酸欠状態が冷え性と肩こりと大きな関係を持っています。

ヘモグロビンは身体中を血流に乗って酸素を運び、酸素はエネルギーとなり、身体の熱を作ってくれます。当然酸欠になると熱を作る能力が落ちてしまい、冷え性の状態になります。

身体が冷えることにより、血流も悪化してしまい、さらに栄養を運ぶ力が衰え、身体の老廃物や毒素を流す力も衰えて、こりが発生しやすい条件が生まれて、肩こりかせ発生するのです。

このように鉄分不足によりヘモグロビンが減少して、酸欠からの冷え性になり、冷え性によって血流が悪くなり肩こりが発生しやすくなるといった因果関係になります。

また鉄分不足になると貧血になりやすくなりますが、貧血の症状が治まったのに冷え性が治らないという疑問があります。貧血は鉄分不足が原因になりますか、身体が順応することにより貧血の症状が出づらくなることがあります。

貧血の症状が出ないから鉄分不足ではないのだろうと勘違いしてしまい、改善を図らず放置してしまうケースがあるのです。

鉄分不足は貧血だけではなく冷え性にも関係していますから貧血の症状がでないと原因が分かり辛いですが、通常の冷え性対策だけではなく鉄分を補ってあげることが大事です。

このように冷え性や肩こりは鉄分不足が大きく関係していますので栄養補給はしっかりと行ないましょう。これと同時に温かいお風呂に入ったり、運動したり、身体を暖める食材を食べたりとさまざまな方法で改善を行なっていけばいいでしょう。

過去に貧血を起こした方だと、今でも鉄分不足が発生している可能性がありますので食生活は特に注意したいですね。

▲ページトップに戻る