鉄分が不足しがちな方

1、20代~50代の女性
現在の日本人女性には、栄養バランスの悪い食生活・ダイエットのための偏食などによって、鉄分不足な方が増えているといわれています。鉄分が足りていないと、貧血・たちくらみなど体調が悪くなるだけでなく、髪の毛のツヤがなくなったり、肌荒れを引き起こしてしまうなど、見た目にも悪い影響を与えてしまいます。

2、妊娠中・授乳中の女性
妊娠中は鉄分が胎児に優先的に分配されることによって、ママは鉄分が不足しがちになります。そのため、妊娠中は通常時の倍である20mgの鉄分を摂取することが推薦されています。

3、中学生・高校生
月経が成長期と重なるので、血をつくるための十分な量の鉄分が必要となる時期です。好き嫌いが多かったり、インスタント食品が多いなど偏食だったり、朝食をあまり食べなかったり、という食生活をおくっている子供は特に鉄分が足りていないことが多いです。

以上のように、鉄分が足りていないという方は、普段の食事に加えて「鉄分サプリ」で鉄分をおぎなってあげるのが効果的です。ただし、鉄分サプリだったら何でもイイというわけではありません。鉄分には以下の2種類あります。

ヘム鉄・・・レバーなどに多く含まれる動物性の鉄分。体への吸収率が高い。
非ヘム鉄・・・植物性の鉄分。体への吸収率が低い。

より吸収率の高い「ヘム鉄」のほうの鉄分サプリを選ぶようにしましょう。

順位
商品名 美めぐり習慣

bimeguri_s

ヘムアイアン

hemuaian_s

DearNatura ヘム鉄

dianachu_s

小林製薬 ヘム鉄

kobayasi_s

評価 5/5
4/5
3/5
2/5
ヘム鉄以外の配合成分 葉酸
ビタミンC
ビタミンB12
ビタミンB6
葉酸
ビタミンB12
ビタミンB6
葉酸
ビタミンB12
葉酸
ビタミンC
ビタミンB12
ビタミンB6
⇒詳しくはこちら ⇒詳しくはこちら ⇒詳しくはこちら ⇒詳しくはこちら
美めぐり習慣

・鉄分1日の基準量133%配合
・めぐり成分「オーガニック生姜」をプラス

[総合評価] 5/5

成分5.0 安全性5.0 価格5.0

bimeguri_s
価格 3,980円 → 初回 1,480円(送料無料)
添加物 保存料ゼロ・着色料ゼロ・香料ゼロ
公式はコチラ
詳細はコチラ

[みんなの口コミ]

19才女性
忙しい毎日を送っていると体力に自信がなく、それが鉄分不足からきていると分かり「美めぐり習慣」をはじめました。鉄分がしっかり摂れるだけではなく、女性にうれしい成分がたくさん入っているのもいいですね。体力勝負の仕事も「美めぐり習慣」を飲んで頑張っていこうと思っています。
27才女性
昔からアクティブな性格だったのに、体調が悪くなることが増えて、へこんでいた時に始めたのが「美めぐり習慣」でした。飲み続けるうちに自分で変化を感じるだけじゃなく、周りからも「最近、調子がいいね!」と言われるようになったのは嬉しかったです。
49才女性
鉄分も葉酸もビタミンB群も手軽に摂れるのが嬉しいですね。飲み始めてみて「鉄分がわたしには足りてなかったんだ・・・」とあらためて実感させられました。

冷え性・肩こりは鉄分不足が原因となって起こっている場合もある?

鉄分不足と冷え性と肩こりはあまり因果関係がなさそうに思えますが、実は関係があるのです。鉄分が不足すると赤血球内のヘモグロビンがあまり作られなくなり、ヘモグロビンの数が減少してしまいます。

ヘモグロビンが減少するということは身体中に酸素を運ぶ能力が落ちてしまい、身体は酸欠状態となるのです。この酸欠状態が冷え性と肩こりと大きな関係を持っています。

ヘモグロビンは身体中を血流に乗って酸素を運び、酸素はエネルギーとなり、身体の熱を作ってくれます。当然酸欠になると熱を作る能力が落ちてしまい、冷え性の状態になります。

身体が冷えることにより、血流も悪化してしまい、さらに栄養を運ぶ力が衰え、身体の老廃物や毒素を流す力も衰えて、こりが発生しやすい条件が生まれて、肩こりかせ発生するのです。

このように鉄分不足によりヘモグロビンが減少して、酸欠からの冷え性になり、冷え性によって血流が悪くなり肩こりが発生しやすくなるといった因果関係になります。

また鉄分不足になると貧血になりやすくなりますが、貧血の症状が治まったのに冷え性が治らないという疑問があります。貧血は鉄分不足が原因になりますか、身体が順応することにより貧血の症状が出づらくなることがあります。

貧血の症状が出ないから鉄分不足ではないのだろうと勘違いしてしまい、改善を図らず放置してしまうケースがあるのです。

鉄分不足は貧血だけではなく冷え性にも関係していますから貧血の症状がでないと原因が分かり辛いですが、通常の冷え性対策だけではなく鉄分を補ってあげることが大事です。

このように冷え性や肩こりは鉄分不足が大きく関係していますので栄養補給はしっかりと行ないましょう。これと同時に温かいお風呂に入ったり、運動したり、身体を暖める食材を食べたりとさまざまな方法で改善を行なっていけばいいでしょう。

過去に貧血を起こした方だと、今でも鉄分不足が発生している可能性がありますので食生活は特に注意したいですね。

この記事を読む

立ちくらみ・めまいの起こる原因と対策方法

立ち上がったら、めまいや立ちくらみがしたという経験をした人は多くいるのではないでしょうか。普段からこの立ちくらみをよくする人は、いつものことだからと気にしないという人もいるようです。

しかし、この立ちくらみやめまいが病気と関係している場合もあります。自分の起こっている症状の原因、そしてその対処法をしっかりと理解しておくことが大切です。

めまいや立ちくらみの原因には、栄養不足や精神面が関係している場合や耳からくる影響、脳や神経異常によっても起こります。鉄分が不足すると貧血を起こします。

この貧血の主な原因は鉄分不足です。鉄分不足になると体が酸欠状態となります。脳が酸欠状態となると、失神や立ちくらみ、めまいなどを引き起こします。脳を酸欠状態にさせないためにも、鉄分不足を起こさないような食事をする必要があります。

ストレスや不安を多く抱えていると精神面が不安定となり、このような症状が起こる場合もありますし、メニエール病と呼ばれる耳の病気によっても起こります。最も危険な状態では脳や神経が関わっている場合もあり、このような場合にはすぐに病院での検査が必要となります。

めまいや立ちくらみは精神的なストレスや不安を抱えていると、この症状が出やすくなります。このストレスや不安が根底となり、めまいの代名詞でもあるメニエール病になる場合もあります。

メニエール病は、めまいを繰り返し、難聴や耳鳴りを伴う病気です。そのため、一度めまいをしたからといってメニエール病というわけではありません。最も怖い症状が、脳が関係している場合です。脳梗塞や脳出血が原因の場合には、体が浮いたような感じの症状が現れます。

このような場合には、すぐに病院での診察を受けることが必要です。

めまいや立ちくらみになった時の対処法としては、まず安静にすることです。このような状態で、無理に体を動かそうとするのは避けることが大切です。

貧血になりやすい人は深呼吸をするのもいい対処法です。定期的に深呼吸をすることで体に酸素をしっかりと取り込むことが出来るので、深呼吸を意識して普段から生活することが大切です。

この記事を読む

鉄分を補給する際に吸収を邪魔してしまう食べ物・飲み物がある?

鉄分補給をする際には、吸収を阻害する成分があることも認識して対処すれば、栄養の無駄を省くことができます。阻害作用がある成分を含む食品の中でも、主食として利用する穀物には、フィチン酸が含まれていることも重要です。フィチン酸は6個のリン酸がイノシトールと結合したもので、玄米には特に多く含まれています。

フィチン酸を摂り過ぎる場合には、ミネラル成分と強く結びついて、腸への吸収を妨げる可能性があります。米ぬかにも同様に多いですから、ぬか味噌を使った料理を食べ過ぎた場合には、鉄分の吸収が鈍くなる可能性も否定できません。

しかしながら、フィチン酸には優れた抗酸化作用もありますから、完全に有害な物質でもありません。玄米を使う場合には十分に吸水をして、圧力釜で軟らかく炊けば、フィチン酸の弊害も軽減できます。玄米は食物繊維が極めて豊富な穀物ですから、フィチン酸の影響を軽減して利用したほうが有益です。

ホウレンソウに含まれるシュウ酸についても、鉄分の吸収を阻害させる物質として知られていますが、対処は難しくありません。最初からシュウ酸がほとんど含まれないホウレンソウを利用したり、十分に茹でてから調理すれば大丈夫です。シュウ酸はホウレンソウのアクを作る成分ですから、美味しくするためにもアク抜きをして調理することが大切です。

鉄分補給にとっては、お茶の渋みを作るタンニンも厄介な存在になります。タンニンも抗酸化作用があるために、健康に良い成分として知られていますが、鉄分補給のためには摂り過ぎに十分に注意する必要があります。タンニンにも鉄分と結びついて吸収を阻害する働きがあるため、貧血が心配な人は渋みの少ない玉露や麦茶を飲むことがおすすめです。

食物繊維は腸内の新陳代謝を促進するために必要不可欠ですが、摂取した鉄分までも一緒に排出させる働きがあります。しかしながら、お腹が異常に膨れるほどに食物繊維を摂取しなければ、影響を心配する必要はありません。不足させた場合の弊害のほうが大きくなりますから、過剰に心配せずに摂取量を安定させたほうが健康的です。

この記事を読む

「プルーン=鉄分」というイメージは強いけど鉄分は多く含まれてるの?

「貧血の時にはプルーンを食べると良い」と言われるため、プルーンには鉄分が多く含まれているイメージがあります。実際のところはどうなのでしょうか。

鉄分は、ドライプルーン100gで1.0㎎含まれています。レーズン100gに含まれている鉄分は2.3㎎なので、プルーンに鉄分が多く含まれているわけではありません。100gあたりに含まれている鉄分の量は他の食材の方が多く、豚レバーが13㎎、鶏レバーで9㎎もの量が含まれています。また、プルーンに含まれている鉄分は非ヘム鉄です。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、非ヘム鉄の方が体内への鉄分の吸収率は低いのです。

文献により差がありますが、同量のヘム鉄と非ヘム鉄の体内への吸収率を比べると、ヘム鉄の方が吸収率が数倍良いとされています。そのため、プルーンをいくら食べても含有している鉄分が非ヘム鉄であり、吸収率も良くないという理由で、鉄分が不足することが原因による貧血の改善には大きな効果は得られないとも考えられます。

しかし、なぜ「プルーン=鉄分」というイメージがついたのでしょうか。

プルーンは鉄分以外のビタミンA,E、葉酸などの栄養素が豊富に含まれています。さらにプルーンは調理不要で多くの栄養素を摂取できます。しかし、レバーなどは調理をしなければ栄養素を摂取することは出来ません。さらにプルーンには葉酸が含まれています。葉酸は赤血球の生成に欠かせない栄養素で、葉酸が不足することでも貧血は起こります。葉酸不足の貧血は、悪性貧血と呼ばれる貧血になります。これに対して、鉄分不足が原因で起きる貧血は鉄欠乏性貧血と言われ、同じ貧血でも原因が違っています。

鉄分が含まれていて手軽に食べられ、さらに鉄欠乏性貧血だけではなく悪性貧血を抑える効果をも持っているため、鉄分は貧血の改善に効果があります。それが「貧血=鉄分不足」という認識で「プルーン=鉄分」というイメージになっているのかもしれません。

この記事を読む

鉄分の過剰摂取による副作用について解説

女性の場合、月経により血液が失われていくので、鉄欠乏性貧血を起こしやすいといわれています。鉄欠乏性貧血が進んでくると、階段を上がるときに動悸や息切れがしたり、疲れやすくなるなどの自覚症状が起きてきます。

貧血の症状があっても、我慢している方も多いのですが、酸素を体に十分に供給するために、心臓から多くの血液を循環させる必要があるため、心臓に大きな負担をかけている状態ですので、早めに治療を開始することが望まれます。

医療機関で鉄欠乏性貧血の治療を受ける際には、鉄剤での治療が中心となります。血液検査で貧血の状態が改善されるまで治療を続ける必要があります。

貧血治療が終了した後は、ふだんの食事に気を配ることをおすすめします。鉄には主に動物性の食品に含まれている「ヘム鉄」と植物性の食品に含まれている「非ヘム鉄」があり、それぞれ体への吸収率が違うことが分かっています。ヘム鉄の方が非ヘム鉄よりも効率よく体内に吸収されますので、貧血の改善のためには鉄が効率よく吸収される動物性の食品が有効であるといえるでしょう。自然の食品から摂取している分には、鉄のとり過ぎについては、ほとんど心配ないとされています。

貧血になりやすい場合には、予防のためにサプリメントで鉄を補うのも効果的です。その一方で、サプリメントで摂取する場合には、下痢や胃腸の調子を崩したりすることがありますので、上限摂取量以内におさめて、とり過ぎに注意することが必要です。

上限摂取量を超えて摂取すると、吐き気など胃腸の不具合や下痢・便秘ばかりでなく、肝臓にも負担がかかることが指摘されています。

過剰に摂取した鉄は、肝臓に蓄積され、こうした状態が長く続くと肝臓の機能を損なう恐れがあるためです。肝臓は少々の不調でも自覚症状が出にくい臓器といわれていますので、サプリメントを摂取していて、胃腸の具合が悪くなったり、下痢が起きた場合には、上限摂取量をチェックして、とり過ぎに注意する必要があります。

この記事を読む

▲ページトップに戻る